ENTRY

[ 社員たちの声 ]

人気コンテンツのライセンスを活用し新たな価値を創造する。

キャラクターライセンス

[2019年中途入社]

『ペルソナ5』シリーズを中心に、アトラス作品全般のライセンスアウト業務を担当。

葛葉ライドウ(デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団)

[彼女のお気に入りのキャラクター]

INTERVIEW

版権を借りる側から、貸す側へ。
経験を活かし、真摯に仕事と向き合う。

前職では、ブランドやキャラクターなどのIP(知的財産、著作権)を借りて製品やサービスを作るライセンシーという立場から、ライセンスビジネスに携わっていました。「IPを生み出す側」の仕事にも興味を抱き、自分の好きなゲーム業界への転職を決意。小さいころからアトラスが制作するゲームのファンだったこともあり、応募、入社に至ります。現在は、作品・キャラクターの版権管理業務を行っており、ライセンシーが制作するグッズ・販促物の監修や、社内においてのとりまとめ役を担っています。1つのプロジェクトには社内外の多くの人が関わるため、ライセンシー、社内スタッフ双方の意向を汲み取りながらゴールに到達するには、コミュニケーション力と調整能力が欠かせません。より円滑な進行を目指し、ライセンシーの提案をそのまま社内に伝えるのではなく、一度自分なりに企画内容を整理するなど、さまざまな配慮をしながら仕事にあたっています。前職とは真逆の立場ですが、ライセンシーとしてこれまで培ってきた知識や経験が活かせる場面も多いです。

大きな案件ほど、やりがいも大きい。
調整役として、丁寧な進行に徹する。

イベントやスマホゲームなどの大型プロジェクトは、1年がかりで取り組むものが多々あります。以前私が版権管理を担当したリアル脱出ゲームと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』のコラボレーション企画も、調整・監修に長い時間を要しました。決められた開催日に向けて、企画内容や付随する広告物などのチェックを行います。何より苦労したのは、ゲームのシナリオがなかなか決定しなかったこと。そのためライセンシーと社内スタッフへの確認を何度も繰り返したり、実際に脱出ゲームをプレイしてあがった意見を現場に反映したりと、期日ぎりぎりまで細部の調整を行ったのが印象的です。長期間心血を注いだからこそ、その分無事に開催日を迎えた時には大きな達成感を感じました。その後もSNSや会場でお客様の反応をうかがい、プロモーションに協力するなど最後までこだわりを持って役割を全うしました。

作品を深く理解し
その価値を最大限発揮できる企画を展開したい。

アトラスの魅力は、ずばり独自色の強い作品を生み出し続けていることでしょう。細部まで洗練された作品に日々触れることができるのは、大変有意義な経験だと感じます。業務の中では、開発チームが作品に込めた想いを聞く機会がよくあります。デザインの意図や、作品の世界観を統一するために譲れないコンセプトなどを知ることで、自分が担当するプロジェクトがより充実したものになると同時に、一人のファンとして作品を一層好きになるきっかけにもなります。今後は、こうしたアトラス作品のブランド価値を保持しつつ、今までにないコラボレーション企画を展開していきたいと考えています。

WORKS

ペルソナ5

ペルソナ5

発売日:2016年9月15日
対応機種:PS3/PS4

ペルソナ5 ザ・ロイヤル

ペルソナ5 ザ・ロイヤル

発売日:2019年10月31日
対応機種:PS4

ペルソナ5 スクランブル

ペルソナ5 スクランブル

発売日:2020年2月20日
対応機種:PS4/Switch

A DAY[キャラクターライセンスのとある一日]

10:30

出社

11:00

メールチェック・対応

12:30

ランチ休憩

13:30

監修対応

15:00

ライセンシーとの打ち合わせ

16:00

監修対応

17:00

ライセンシーとの打ち合わせ

18:00

監修対応

19:00

翌日の準備

20:00

退社

Q&A

思い出の作品は何ですか?
『ペルソナ5』。実は前職でも大型のコラボレーション案件を担当していました。魅力的なデザインだからこそお客様の目に留まり、プレイされているのだと思います。
尊敬する人は?
調整能力や発想力に優れた夫。毎日のようにお互いの仕事の話をする中で、時にはアドバイスを受けることもあります。
自分の得意とすることは?
仕事相手と良好な関係を築けること。円滑なコミュニケーションが取れることで仕事がスムーズに進みます。

PEOPLE社員紹介