ENTRY

[ 社員たちの声 ]

タイトルを世に送り出す者として自分の言葉で伝えたい。

セールス

[2008年中途入社]

2008年に入社。さまざまなタイトルを幅広く受け持つ。現在2児の母。

CR-S01
(HOSPITAL. 6人の医師)

[彼女のお気に入りのキャラクター]

INTERVIEW

タイトルの面白さを自ら体感し、
その魅力を深く理解する。

私は大学時代からゲームが大好きだったので、地元岐阜県のゲーム会社に就職しました。数年後、結婚を機に千葉県への移住が決まったのですが、働き続けるのであればまたゲーム業界に勤めたいと考えていました。アトラスに応募した理由は2つあり、独特な世界観を持つアトラスの作品に以前から注目していたことと、業界で一目置かれるほど会社全体に勢いがあったことです。入社後はセールス担当として、タイトルの魅力がお客さまに届くように全力を尽くしています。主な業務はバイヤーとの商談や店舗を回ってのルート営業です。心掛けているのは、どのタイトルも発売前に自分でプレイしてそれぞれの魅力を理解し、取引先と仕入れ交渉をする際にアピールできるようにすること。店舗では、売り場のレイアウトにポスターやPOPなどの販促物を飾ったり、イベントやキャンペーンを開催することもあります。アトラスの独特な世界観を壊さないように、そして店頭でもしっかりと目立たせることを意識しています。セールスは実際に店舗を訪問するお客さまに近いポジションですので、その利点を生かして、多くのユーザーの目に留まるような工夫を凝らしています。

こだわり抜いたタイトルだから、
自信を持って売り込める。

ユーザーファーストを第一に考え、細部まで決して妥協しない姿勢を全社員が共有していることがアトラスの魅力。そうして生み出されたタイトルは、どれも高い品質だと胸を張って言えるので商談の場においても自信をもってセールスできます。また、アトラスは全国に営業拠点を持つセガサミーグループですので、各地域の小売店舗へ細かくフォローできるのも強みの一つです。セガの営業担当と協力して体験会を企画したり店舗を回ることもありますが、アトラスと同じ建物にオフィスが入っているので、スムーズな意思疎通が可能です。セガサミーグループ一丸となって品質へのこだわりを持っていることが、ユーザーや店舗からも信頼され、ファン獲得につながっていると感じますね。

取引先とも社内とも
大切にしているのは良好な人間関係。

取引先との信頼関係を築くために大切にしているのは、常に誠実であること。リリース前のタイトルを事前にプレイするのは、遊んだ時の感覚を自分の言葉で真っすぐに伝えたいからです。業界内の動向などの情報を仕入れて取引相手と対等な関係を保つことも営業の仕事の一つです。相手が求めている情報を提供できるように、普段からゲームやアニメ、スポーツなどのあらゆる分野に触れて、引き出しを増やすようにしています。社内においても、チームメンバーが働きやすい雰囲気を大切にしています。メンバーとのコミュニケーションを活性化するため、普段から積極的に言葉を交わし、仕事がしやすい職場をつくりたいと思っています。現在私は、子育てしながらも時短勤務で働いています。いつも終業時間から逆算して、細かくタスク管理をしながら効率良く業務を進めています。これからは、子育てをしながらでも第一線で活躍できることを示し、私の後に続く女性社員の目標となれるように取り組んでいきたいです。

A DAY[セールスのとある一日]

6:00

起床~子どもたちのご飯と保育園の準備をして夫にバトンタッチ、家を出る

8:30

社食カフェでコーヒーとパンを買って出社

10:00

打ち合わせや資料作成

12:00

社食でランチ休憩

13:00

商談や会議、外出する時も

16:00

16時ピッタリに退社(時短勤務中)

18:00

保育園にお迎え

19:00

帰宅後、夕食~お風呂と鬼のように時間が過ぎていく

21:00

絵本を読みながら子どもたちと就寝

Q&A

思い出の作品は何ですか?
『女神異聞録デビルサバイバー』。アトラスに入社して初めて開発プレゼンから参加させてもらった作品で、ゲーム内容の説明を受けて「なんだこれ…とても面白そう…」と驚愕した記憶があります。
尊敬する人は?
夫の祖母。優しくておおらかでかわいくて、私のことも大事にしてくれる人です。彼女のような誰からも愛されるおばあちゃんになりたいです。
好きな言葉は?
「為せば成る」。大抵のことは努力で達成できる!できないのは努力が足りないだけ!と思うようにしています。
自分の得意とすることは?
オールラウンダーなところ。クリエイターの方々のような突出した特技はありませんが、セールスという職種柄、大半のことには対応できると思います。最近では映像編集もしていました。

PEOPLE社員紹介